シルクスクリーン実験LABO        

       
2023.1.6

入園準備!保育園・幼稚園でかぶりがちなプチプラ服をオリジナルに♪

年が明けると保育園や幼稚園の入園までもうすぐですね。
入園決定のお知らせがくる春までそわそわ。入園準備も少しずつ意識する時期ではないでしょうか。

入園準備にあると便利かも!ロゴスル

Tシャツくんのホリゾン・インターナショナルが販売するお手軽なシルクスクリーンキット「ロゴスル」を実際に注文してみた
実際に届いたロゴスル

入園グッズには名前以外にワンポイントのイラストなどを入れるのもおすすめ。
手作りの定番は刺繍やアイロン・シールなどのタイプですが、シルクスクリーンも便利かもしれない・・・ということで、今回の記事ではロゴスルで子ども服にオリジナルプリントをした様子をレポートします!

ロゴスル
https://www.hando-horizon.com/logosuru

名前以外の+ワンポイントがおすすめな理由

・他の子とかぶりがちなプチプラ服もオリジナルにできる
・先生や子どもがひと目で分かる
 保育園での間違い防止に◎子ども自身も自分の持ち物だと分かるようになります♪
・イラストやマークなら他人に名前が分からないので防犯上も安心
 最近では防犯上、名前は表からはすぐに見えない位置に書くことが多いです。イラストやマークだちと服の表面にも自然にプリントできるのがいいですね。

シルクスクリーンのメリット

・オリジナルのデザインで作れる!
・作ったスクリーンは保管OK!
 保管しておけば、服やグッズが追加になったときや次の年にも使えます
・インクの素材なども好みで選べる!
 ノンホルマリンのインクを選べば赤ちゃんにも安心です◎

さっそく作ってみよう!

イラストを決める

フリー素材サイトからいくつかイラストをピックアップ。
せっかくなので子どもに好きなイラストを選んでもらいました。

Tシャツくん ロゴスルでシルクスクリーン印刷するイラストを選ぶ
「これ!」と選ぶ2歳と3歳

イラストを選ぶ際におすすめのフリー素材サイト
シルエットAC
https://www.silhouette-ac.com/
単色のシンプルなイラストなのでシルクスクリーン向きです!

イラストを選んだらWebでロゴスルを注文します。
自宅にロゴスルが届いたら、すぐにプリント開始OK!

ロゴスル
https://www.hando-horizon.com/logosuru

今回プリントするのはワッフル素材のロンT!

ワッフルのように凹凸がある生地。柔軟性があり保温・吸水性が良くてかわいい、子ども服でも人気の素材です!
ただこの凸凹素材へのプリント、果たしてうまくできるのかドキドキ。

GUで購入したワッフル生地にシルクスクリーンプリントをします
かぶり率の高いGUのロンT。保育園で少なくとも4名は同じ

今回のワッフル素材(黒色)へのプリントで参考にした過去記事は下記の2つ。
プリントする素材の表面が平らではない為うまくインクをのせられるようにしたいです。

①表面に凹凸があるジュート素材へのプリント方法。

②黒色に白インクをこってり発色させる方法。スキージの扱い&擦り方が詳しく記載されています!

今回使用するインクはシルクスクリーンインク リッチ「しろ」
Tシャツくんのインクはノンホルマリンなので、子ども服にも安心して使えるのが嬉しいです。

作成する際のポイント

・湿度がなるべく高めの環境で作業(冷暖房はOFF!)
・推奨は80メッシュ(ロゴスルのスクリーンは標準の120メッシュです)
・2度刷り&スキージは寝かせ気味に優しく

ワッフル素材へのプリントをした結果!

ワッフル素材のTシャツにTシャツくんでシルクスクリーンプリント
ワッフル素材へのプリント

くちばし以外、ワッフルの凸凹で全体的にかすれてしまいました。。
それでもこってりの白いインクがしっかり発色しています!

<ワンポイントアドバイス>
ワッフル生地は平らではないのでムラなくインクを乗せるのがかなり難しい…!
以下のポイントに気を付けてチャレンジしてみよう。
・パネルにしっかりスプレーのりを吹き付け、できるだけぴっちり生地とパネルを密着させる
・版を上げずに二度刷る

二度刷り、三度刷りをすればするほど、生地のくぼみにインクがこってり乗っている可能性があるので、しっかりドライヤーで乾かし、最後にはアイロンがけをするのがおすすめです◎

続いて不織布のバッグ(黒色)にもプリント!

周囲を見渡すとちょうど黒のバッグがあったので続けて刷ってみることにしました!

お弁当を入れるランチバッグに「ロゴスル」でシルクスクリーン印刷
お弁当入れにしているミニトートバッグ

結果は…

不織布のバッグに「ロゴスル」でシルクスクリーン印刷
不織布へのプリント

刷った後に油断してすぐフレームを持ち上げずにいたので、少しくっついて毛羽立ってしまいました(泣)
ですが、こちらもさすがこってりな濃いインクのおかげでちゃんと発色できています。

所要時間は準備〜片付けで約1時間(初心者)

シルクスクリーンでプリントした不織布のバッグとワッフル素材のTシャツ
不織布のお弁当バッグ&ワッフル素材の服(サイズ100cm)

2点の保育園グッズが完成!
遠目にみるとインクのかすれや毛羽立ちもそれほど気にならず、個人で使うものとしては十分ではないでしょうか。
ロゴスルは本来ロゴサイズの小さめフレームですが、実際に子ども服にプリントしてみると立派なグラフィックTシャツ並の大きさになりました。

制作手順をYouTubeを見ながら&子ども相手しながらの初作業。
2点作成&片付け含めて1時間ほどで済みました。作業自体は30分弱です。
慣れてくるともう少し手早くできるようになりますね。

子どももニッコリ!

「ロゴスル」を使って自宅でシルクスクリーンプリントをしてみた
さっそく着てみました(サイズ100cm)

本人が選んだイラストだと覚えていたのかは分かりませんが、母が作業している様子を見ていた子どもはニコニコで嬉しそうに着てくれました!
喜ぶ様子を見れただけでも、作って良かった!と思えます。

<洗濯するときのワンポイントアドバイス>
基本的に洗濯するものはアイロンをかけましょう!
特にワッフル生地のように凹凸があり、二度刷りなどをしている場合は、表面上は乾いていても中の方が乾いてない!なんて場合も。
洗濯するものにプリントしたときは、中温のアイロンを2分程度かけておくと安心です。

<今回使ったもの>

準備したのはこの2つだけ!
ロゴスルは必要なものがすべて揃ったキットなので助かります。

①ロゴスル
②ワッフル素材のロンT(追加でトートバッグ)

Tシャツくんのホリゾン・インターナショナルが販売するシルクスクリーンプリントキット「ロゴスル」の中身、セット品
キットなので、届いたまますぐに作業をはじめられるのがうれしい

保育園の準備は大変。でもオリジナルはやっぱりいい

かわいい子どもが園に通う様子を思い浮かべながらの作業は忙しく大変ですが、愛おしい時間ですね。ロゴスルは子ども服にもちょうどいい感じのサイズ感。小さな服にしっかりイラストが映えます◎

子どもがお気に入りのイラストをお着替えにプリントすれば、慌ただしい朝の準備時間もスムーズになるかもしれません!ぜひ入園準備に取り入れてみてくださいね♪