シルクスクリーン実験LABO        

       
2022.12.20

スーパーのレジ袋にシルクスクリーン印刷ってできる?-ポリ袋への印刷に挑戦!‐

シルクスクリーン ビニール袋に印刷
ビニール袋にシルクスクリーン印刷

スーパーやコンビニなど多くの場所で使われるレジ袋(ポリ袋)ですが、これにシルクスクリーン印刷ってできるの?という疑問を解決すべく、今回も実験してみました!
Tシャツくんのインクでポリ袋に印刷できたっけ…と思った方、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

そもそもレジ袋って何の素材?

一般的にはポリエチレンやポリプロピレンで作られていることが多いそう。
そこからさらに低密度ポリエチレンと高密度ポリエチレンに分けられて…と調べてみるとなかなか専門的な話になっていってしまったので、今回はより一般的にレジ袋に使われているという高密度ポリエチレンにプリントしていきたいと思います!

使用するTシャツくんインクは5種類

①水性シルクスクリーンインク リッチ

Tシャツくん 水性シルクスクリーンインク「リッチ」くろ
Tシャツくん 水性シルクスクリーンインク「リッチ」くろ

まず一つ目のエントリーはスタンダードなインクのひとつ「リッチ」。
綿や綿ポリ素材、紙などに印刷できるインクで、濃色素材にも発色しやすいのが特徴のインクです。
なんとなく剥がれてしまいそうな気がしますがどうなるか…

②水性シルクスクリーンインク ウレタン

Tシャツくん 水性シルクスクリーンインク「ウレタン」くろ
Tシャツくん 水性シルクスクリーンインク「ウレタン」くろ

2つ目に使用するインクはポリエステル生地にプリントできる「ウレタン」。
ポリエステル100%のドライTシャツなどによく使われるインクで、伸縮性があるので生地と一緒に伸びやすいのが特徴です。
リッチよりは定着してほしい…!

③水性シルクスクリーンインク「撥水」

Tシャツくん 水性シルクスクリーンインク「撥水」くろ
Tシャツくん 水性シルクスクリーンインク「撥水」くろ

3つ目のインクは水性でありながら撥水加工生地にプリントできる「撥水」インク。
撥水加工がされているジャンパーなどに印刷できるのが特徴です。今までは撥水生地には油性のナイロンインクのみでしたが、環境に優しく臭いも少ないこのインクはかなりおすすめです。
話がそれましたが…なんとなくポリエチレンにもそこそこ定着するのでは?という期待がもてます。

④油性ナイロンインク

Tシャツくん 油性ナイロンインク くろ
Tシャツくん 油性ナイロンインク くろ

4つ目からは油性インクになります。
油性ナイロンインクは撥水加工生地や合皮などにプリントできるインクです。ただ、臭いがかなりキツイので必ず換気をしながら使用してくださいね。(長時間の使用は避けた方がおすすめです…)また、油性なので使用したスキージやヘラ、版のお掃除はナイロンインク専用溶液で行います。水洗いは禁止。

⑤油性インク

Tシャツくん 油性 くろ
Tシャツくん 油性インク くろ

5つ目は通常の油性インク
金属やプラスチックなどのかたいものに印刷するのに向いているインクです。こちらも油性なのでお手入れやお掃除にはふきとり&うすめ液という専用の溶剤を使用してくださいね。

実際にレジ袋に印刷してみた結果は?

Tシャツくんシルクスクリーンインクでレジ袋に印刷
Tシャツくんシルクスクリーンインクでレジ袋に印刷

なぜ3つしか撮っていないのか…それは単純に撮り忘れたからです…お許しください…
とはいえ印刷はどれもうまくいきました!⑤の油性インクのみちょっとツヤっぽくテカテカした仕上がりになりましたが、ほかのインクは印をつけておかないとどれがどれか分からなくなるほど。

アップで見てみると…

Tシャツくんシルクスクリーンインクでレジ袋に印刷
Tシャツくんシルクスクリーンインクでレジ袋に印刷

30分ほど乾かしてみた感じですが、ほとんどこのような質感、仕上がりになりました。
特にガリガリと引っ掻いたりしなければこのままでも問題なく使えそうですが、実際に使用するにあたってはやっぱり多少の扱いには耐えてほしいところ。
ということで、ここから約24時間ほど完全に乾燥させてから触ってみたいと思います。

①水性シルクスクリーンインク リッチ

Tシャツくん水性シルクスクリーンインク「リッチ」でレジ袋に印刷

こちらは引っ掻くと剥がれてしまいました。
やはり水性インクで定着は難しいのか…

②水性シルクスクリーンインク ウレタン

Tシャツくん水性シルクスクリーンインク「ウレタン」でレジ袋に印刷

ウレタンインクも定着せず…
ただ、リッチとは異なり、ぺろんとシールのように綺麗に剥がれていきました。
この特性、何かに活かせるかもしれない…?(それゆえかAをまるっと剥がして持ち去った某スタッフも)

③水性シルクスクリーンインク 撥水

Tシャツくん水性シルクスクリーンインク「撥水」でレジ袋に印刷

水性にしては頑張ってくれているのではないでしょうか…!
とはいえずっとガリガリ引っ掻いていると剥がれてしまう感じはあるので、完全な定着とは言えないですね…

④油性ナイロンインク

Tシャツくん油性ナイロンインクでレジ袋に印刷

これはなかなか良いのではないでしょうか!
剥がそうという意思をもってガリガリするとやはりポロポロと取れてきてしまいますが、さすが油性というだけあってかなり頑張ってくれています。(ただ本当に臭いがキツイので取り扱いには十分注意してくださいね)

⑤油性インク

Tシャツくん油性インクでレジ袋に印刷

なんと…こちらの油性インクは全く歯が立たず…
やはり通常の用途が金属などの「かたいもの」に定着するインクなのでやわらかいものに印刷するとパキパキと割れてしまいました。

結局Tシャツくんインクでポリエチレンのレジ袋に印刷ってできるの?

基本的にやっぱり完全な定着はしない!という結果に。
その中でも一番可能性があるインクは油性ナイロンインクでした。

また、よく調べてみると「ポリエチレン」や「シリコン」などに完全定着するシルクスクリーンインクは業務用の特殊なインクのみ、とのこと。

レジ袋はとっても身近なものですが、日常的に扱えるインクでの印刷は難しいようです。

用途によっては水性インクでも◎

たとえば、ポリエチレン素材のものにプリントして作品として飾っておく、など実用的に扱うものでない場合はスタンダードな水性シルクスクリーンインク「リッチ」でも印刷ができそうです。

紙ではない素材にプリントしたい、飾って楽しみたい、という場合はぜひ挑戦してみてくださいね。

まとめ

・ポリエチレン素材のレジ袋に完全に定着させるインクは業務用の特殊なインクだけ
・Tシャツくんインクで完全に定着させることは難しい
・飾って楽しむなど用途によっては水性インクでも印刷できる

ポリエチレン素材ってTシャツくんインクで印刷できたっけ?と思ったときは、ぜひこの記事を思い出してくださいね。