お知らせ

2021.12.6

【実験】Tシャツくんで100枚刷れる?

目詰まりしやすい、と声をいただくこともあるTシャツくん。
実際どうなの?!ということで目詰まりの限界を見るぞ…!と実験してみました。


〈この日の天気〉
天気:晴れ
気温:最高気温17℃
湿度:70%


目詰まりが先か、版が破れるのが先か、とドキドキハラハラの大実験。



1人10枚ずつ刷ります。交代の時に版のお掃除(濡れたティッシュで裏面を拭き、乾拭きし、ドライヤーで乾かす)をしました。




3時間ひたすら刷って刷って刷りまくり。途中でスキージの角で擦れたところが破けて終わりかなあ…なんて言っていたらドンドコ刷れる……刷れちゃう…



100枚意外といけるじゃん!と実験続行したのは良かったものの、あれ…これいつ終わる…?と不安になってきたので倍の200枚刷って強制終了。二人の腰はバキボキです。。笑



200枚刷った後の版を窓にかざして見ましたが意外と詰まってないことに弊社商品ながら驚き。Tシャツくん、意外と優秀かも…?



ただ、100枚を超えると線が細くなりパンダが痩せていってしまったのでデザインや刷り方、お掃除の頻度で多少の前後がありそうです。

〈まとめ〉
・100枚は刷れる
・200枚刷っても版は破れない
 (素材との相性にもよります。今回は綿素材Tシャツでテスト)
・10枚毎を目安に版をお掃除した方が◎
・ベタが多いデザインなら結構刷れる
・スピーディーに作業して200枚3時間
・100枚超えるとパンダが痩せていく



次回実験は「スクリーン自体の強度ってどんなもん?」を予定。おたのしみに!