シルクスクリーンキットTシャツくん

本格的シルクスクリーンキットTシャツくん・自宅がシルクスクリーンアトリエに

Tシャツくんとは?

Tシャツくんミドル

「Tシャツくん」は、孔版印刷の一種であるシルクスリーンプリントの、〈まずは〉の全部が揃ったスターターキット。誰でも手軽に、でも本物品質のシルクスクリーンを体験できる道具です。1988年に発売され、今日まで永く多くの方に使って頂いている、その道の〈定番品〉です。 自分のデザインを「版」という形におこして、それを使って好きなものに印刷する。実はTシャツだけじゃなく、(布に限らず)結構いろんなものに刷れたりします。
しかも「版」さえ作れば、いろんな素材をまたいで、いつでも印刷できるという便利もの。ちょっと素敵な言い方をさせて貰うならば、
〈自分の想いを手で複製(コピー)していく道具〉
という風です。
ただ、基本的にアナログな道具なので、イマドキの便利なツールとは違い、できない事(=限界)も結構あります。でもだからこそ、想いを形にするにはちょうどいい道具なのだと思うのです。同じものはない「私の」が作れる道具、それが「Tシャツくん」なのです。 。

Tシャツくん を SHOPで見る ▶

Tシャツくんの刷り方

刷り方1

デザイン画を準備する(濃い黒で作るのがコツ) デザイン画を準備する(濃い黒で作るのがコツ)

幅1mm以上の濃い黒で描きましょう。黒マジックで手描き、あるいはインクジェットプリンタで出力。指定用紙にお好きな方法で。

刷り方2

フレームにスクリーンをセット(紫外線を避け、なるべく早く) フレームにスクリーンをセット(紫外線を避け、なるべく早く)

袋からスクリーンを1枚取り出してフレーム枠の間に挟み、手早くネジを回しましょう。スクリーンがピンと張れます。

刷り方3

フスクリーンにデザイン画を貼る(フレームの裏面側にデザイン面を貼る) フスクリーンにデザイン画を貼る(フレームの裏面側にデザイン面を貼る)

デザイン画にはスプレーのりをかけておき、スクリーンが張れたらすぐにデザイン画をフレーム裏面側に貼り付けましょう。

刷り方4

製版機にセットしてスイッチ、ポン!(フレームのネジ面を上にマットを置く) 製版機にセットしてスイッチ、ポン!(フレームのネジ面を上にマットを置く)

ライトが消えるまで1-2分間待ちましょう。フレームを取り出し、デザイン画をはずします。変化が見られなくとも大丈夫。

刷り方5

濡らした刷毛でブラッシング(デザイン部分を表から裏から、優しく、丁寧に) 濡らした刷毛でブラッシング(デザイン部分を表から裏から、優しく、丁寧に)

ブラッシングするとデザイン画が現れます。コツは、両面を濡らす→10秒間程待つ→うっすら浮かびあがる→両面ブラッシング。

刷り方6

出来た版は軽く拭き、良く乾かす(怠らず、丁寧に) 出来た版は軽く拭き、良く乾かす(怠らず、丁寧に)

デザイン画の黒い部分が透明になったらブラッシング終了。ティッシュでスクリーン両面上の水を拭き取り乾かしましょう。

刷り方7

版上部にインクをのせて刷る(大胆に、丁寧に) 版上部にインクをのせて刷る(大胆に、丁寧に)

スクリーン版の上部にインクを多めにのせ、スキージを手前に引き寄せてプリント(余ったインクはインクボトルに戻してOK)

刷り方8

完全に乾いたら、完成!(どんな結果も受け入れ楽しむ) 完全に乾いたら、完成!(どんな結果も受け入れ楽しむ)

スクリーン版を持ち上げて、あなたの想いがカタチになった瞬間を喜びましょう。インクが乾いたら完成!

Tシャツくん を SHOPで見る ▶

Tシャツくん無料オンラインサポート


■ 無料サポート in HANDo KICHIJOJI(ハンドゥ キチジョウジ)

★ 初回無料!「Tシャツくん」オンラインサポート開催中 ★

プリントのコツ、直接お教えします!
Tシャツくんスクリーンの取扱注意点、ブラッシングのコツなど、理由が分かれば合点!
プリント作業がもっと楽になります。
 
HANDoでは、Tシャツくんシリーズ(Tシャツくん、TシャツくんJr、Tシャツくんワイド製版機)使い方サポートをオンラインで行っております。
ぜひお気軽にご参加ください。
オンライン開催の為、ご予約をお願いします。
 
・開催日は予約カレンダをご覧ください
・時間約60分間
・料金無料

HANDo予約する