製版の選び方

70 メッシュと 120 メッシュのちがい

スクリーン70メッシュのイメージ
スクリーン70メッシュのイメージ
スクリーン120メッシュのイメージ
スクリーン120メッシュのイメージ

シルクスクリーンの版は網目状に折られたシートになっています。
メッシュ(M)の数字が大きくなればなるほど、この網目が細かくなっていきます。

120 メッシュ(M)は繊細なデザインもシャープに仕上がり、70 メッシュ(M)は網目が大きくインクの落ちる量が多いので、ベタのデザインが綺麗に出ます。
それぞれ長所がありますので、印刷するものの素材や使用するインクによって使い分けることが大切です。

クリーナーありなしのちがい

製版サービスのスクリーンは、デザインデータの黒の部分のみ、熱で穴を開ける方法で作られています。そのため、製版後にメッシュの網目に穴を開けたときに出るカスが少し残ります。

クリーナーあり(+110 円)を選ぶと、このカスを取り除いた状態でお送りします。 

クリーナーなし

クリーナーありの場合のスクリーンの拡大図

クリーナーあり

実際に印刷してみて比較

製版の選び方早見表(水性一般インク使用の場合)

製版の選び方早見表(水性一般インク使用の場合)素材やメッシュ数により仕上がりが変わりますので最適なものを選ぶ参考にしてください

【水性一般インク  ブラウン  ×  厚紙】

クリーナーありの方がベタ・線ともにしっかりと色がのりました。
ただ、70Mは少しべたつくくらいインクがのってしまうため、120Mのクリーナーありをおすすめします。

70M クリーナーなし

70M クリーナーあり

水性一般インク ブラウン(70Mクリーナーなし・クリーナーあり)で厚紙に印刷した場合のイメージ。
▲水性一般インク ブラウンで厚紙に印刷した場合(左:70Mクリーナーなし・右:70Mクリーナーあり)

120M クリーナーなし

120M クリーナーあり

水性一般インク ブラウン(120Mクリーナーなし・クリーナーあり)で厚紙に印刷した場合のイメージ。
▲水性一般インク ブラウンで厚紙に印刷した場合(左:120Mクリーナーなし・右:120Mクリーナーあり)

【水性一般インク  ブラウン  ×   白 T シャツ】

クリーナーなしでも印刷のクオリティはそこまで悪くないですが、連続で印刷するとクリーナーなしの方が早く目詰まりしてしまいました。
作業性を考えるとクリーナーありの方が安心です。

70M クリーナーなし

70M クリーナーあり

水性一般インク ブラウン(70Mクリーナーなし・クリーナーあり)で白Tシャツに印刷した場合のイメージ。
▲水性一般インク ブラウンで白Tシャツに印刷した場合(左:70Mクリーナーなし・右:70Mクリーナーあり)

全体的に少しカスレ。

ベタの絵柄部分はしっかり。

細かい絵柄や文字は少し潰れる。

120M クリーナーなし

120M クリーナーあり

水性一般インク ブラウン(120Mクリーナーなし・クリーナーあり)で白Tシャツに印刷した場合のイメージ。
▲水性一般インク ブラウンで白Tシャツに印刷した場合(左:120Mクリーナーなし・右:120Mクリーナーあり)

文字や細かい部分に少しカスレ。

文字や細かい絵柄部分がシャープ。

ベタ部分も綺麗に出ています。

【水性一般インク 白  ×  黒 T シャツ】

黒など濃色生地への印刷はしっかりとインクを落として発色させることが重要のため、ク リーナーありがおすすめです。70M と 120M はデザインによって変えましょう。

70M クリーナーなし

70M クリーナーあり

水性一般インク 白(70Mクリーナーなし・クリーナーあり)で黒Tシャツに印刷した場合のイメージ。
▲水性一般インク 白で黒Tシャツに印刷した場合(左:70Mクリーナーなし・右:70Mクリーナーあり)

全体的にカスレ。発色が悪い。

ベタ部分もくっきり。

120M クリーナーなし

120M クリーナーあり

水性一般インク 白(120Mクリーナーなし・クリーナーあり)で黒Tシャツに印刷した場合のイメージ。
▲水性一般インク 白で黒Tシャツに印刷した場合(左:120Mクリーナーなし・右:120Mクリーナーあり)

全体的にカスレ。発色が悪い。

文字部分などシャープ。70M に比べ少し発色が薄い。

【厚手で目の荒いトートバッグ】

どちらも細かすぎる文字や線はうまく印刷できませんでした。 厚手で目の粗い生地はインクがのりにくいため、しっかりとインクを落として発色させる ことが重要です。70M、120M ともにクリーナーありがおすすめです。ベタ面が大きい図柄 の場合は 70M がおすすめです。

70M クリーナーなし

70M クリーナーあり

水性一般インク ブラウン(70Mクリーナーなし・クリーナーあり)で厚手で目の荒いトートバッグに印刷した場合のイメージ。
▲水性一般インク ブラウンで厚手で目の荒いトートバッグに印刷した場合(左:70Mクリーナーなし・右:70Mクリーナーあり)

文字や細かい図柄はほとんどカスレて見えません。

ベタ部分、細かい図柄もしっかりと出ています。

120M クリーナーなし

120M クリーナーあり

水性一般インク ブラウン(120Mクリーナーなし・クリーナーあり)で厚手で目の荒いトートバッグに印刷した場合のイメージ。
▲水性一般インク ブラウンで厚手で目の荒いトートバッグに印刷した場合(左:120Mクリーナーなし・右:120Mクリーナーあり)

文字や細かい図柄はほとんどカスレて見えません。

ベタ部分、細かい図柄も綺麗に印刷できています。

【おまけ:金インク(ラメなど粒子の粗いインク)×白 T シャツ】

粒子の大きいラメが入った金色のインクを使って実験してみました!

金インクなど粒子の大きいインクを使う場合は、70M クリーナーありがおすすめです!

70M クリーナーなし

70M クリーナーあり

水性一般インク 金(70Mクリーナーなし・クリーナーあり)で白 T シャツに印刷した場合のイメージ。
▲水性一般インク 金で白 T シャツに印刷した場合(左:70Mクリーナーなし・右:70Mクリーナーあり)

全体的にカスレ。

キラキラのラメがしっかりと落ちていて発色もよい。

120M クリーナーなし

120M クリーナーあり

水性一般インク 金(120Mクリーナーなし・クリーナーあり)で白 T シャツに印刷した場合のイメージ。
▲水性一般インク 金で白 T シャツに印刷した場合(左:120Mクリーナーなし・右:120Mクリーナーあり)

全体的にカスレ。

ラメがあまりなく、発色もあまりよくない。

生地の素材や厚みなどによっても、適したM数が変わってきます。
ご不明点やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください!
★お問い合わせはこちら★